FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

†Monochrome†

マビノギのルエリ鯖の片隅で活動している何だか絡み辛い人のブログらしいですよ?

2009

04/07

Tue.

約束の千羽鶴 第1話~最終回~ 

誰しも必ず大切な人と交わした約束というものがあるはず
これはとある2人の男女が交わした約束から綴られる物語…

その結末にエリン中の人たちが感動し、涙を流した…
貴方もこの物語を読んで思いきり泣いてください…
そして怒らないでください。

「…ごめんね…」
もう何度目であろう。彼女に会うたびにその言葉を聞く。
「それは言わない約束だろ?」
そう言って俺は笑いながら彼女のそばにそっと一羽の折鶴を置いた。

俺と彼女は同じ村で育った幼馴染で、小さい頃からいつも一緒に遊んだりしていた。
昔から人見知りする性格で、小さい時はよくいじめられていた。
いじめってやつが嫌いだった俺は、いつもあいつを助けてた。
あいつを泣かせた奴らとケンカしたりして、そのせいか俺はいつもあいつの前に立っていた。
それからあいつはだんだん俺のことを慕ってきて、気付けば俺たちは付き合っていた。

(あれ…?なんかふざけ要素が盛り込めない雰囲気じゃね?)

そして付き合ってから2年が過ぎようとしていた春であった。
彼女がある日突然、病気で倒れた。
これといった治療法も見つかっていない、俗に言う富士の樹海不治の病である。

俺は彼女の治療費を稼ぐために毎日働いていた。
そしてそのお金の一部を使って折り紙を買い、鶴を折った。
なぜそんな事をするのかと言うと、エリンには昔からこんな言い伝えがあるからだ。

~千羽の鶴を折って古の呪文を唱えた時、
  伝説の神龍が現れ、1つだけ願いを叶える~

(ヤバいです。真面目に書きすぎてふざけてられない雰囲気です;;
 神龍とか富士の樹海とか言ってる場合じゃねえぞ…
 どうすんの?どうすんの俺!?どうすんのっ!?)


























~劇終~

Posted on 23:26 [edit]

category: マビノギ

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://musiclif.blog53.fc2.com/tb.php/37-0ad09899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△