01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

†Monochrome†

マビノギのルエリ鯖の片隅で活動している何だか絡み辛い人のブログらしいですよ?

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2009

01/30

Fri.

授業その2~ 

よーし、お前ら。
マビノギが臨時メンテナンス中でプレイできないから暇つぶしに授業始めんぞ~。

今日のテーマは
「祝福」
について教えるからな~。

えっと、まずはそうだな…
持っているアイテムに祝福をかけたかったら、「祝福ポーション」ってのを使う必要がある。
「祝福ポーション」が欲しかったら、聖堂に行ってアルバイト(ボランティア)をすれば報酬として貰うことができるから忘れないように。

んじゃ、本題の祝福についてせちゅめい…
…説明するか。

その1・祝福されたアイテムは耐久率の減少を抑えられる。
同じものでも祝福をしている、していないによって使ってられる長さがかなり変わるから、装備品とかはすべて祝福しておいたほうがいいな。

その2・祝福した持ち物は修理の成功率があがる。
自分のお気に入りの装備を修理に出して失敗されて耐久率削られるのは嫌だろ?
修理に出す前に、祝福してあるかどうかちゃんと確認しておくことだな。

その3・祝福した装備はやられた時に落とすことがない。
モンスターにやられてしまった時、祝福していないものは確率でその場に落としてしまうことがある。
その場に誰かいるなら助けてもらえばその場で回収できるが、救助が望めず、やむを得ず近くの町に移動などした時には、落したアイテムは官庁に回収されてしまう。
そして回収するにあたってお金が必要になるのだが、ものによってはとんでもなく高額な回収費を要求されるので、なるべく祝福をかけてそういうことを避けるようにしておくといいだろう。
(ちなみに、モンスターにやられてしまった時、一定の確率で祝福が外れてしまうから気をつけておくように)

~結論~
祝福しておいて損は無い

今回の授業はこれで以上~。
スポンサーサイト

Posted on 21:08 [edit]

category: マビノギ

Page top△

2009

01/28

Wed.

前言撤回なんて俺にはよくあること 

え~、こんばんわ。
先日の記事で黒木刀を手に入れるためにダンジョン回り続けてやると意気込んでいながら…

結局、露店で買っちゃいました(笑)

まぁ、俺なんてそんなもんですって(笑)
10ポイント(未削れ)で全くの未使用。
しかも5000G。これは買うしかないでしょう。

さぁ、祝福かけて早速修理に行くずら!!
前回は実力派お姉さんの思わぬ裏切りにすっかり疑心暗鬼になってしまったので、今回はそんな前回と同じ轍を踏まぬようバンホールの鍛冶王のじいちゃんに頼みに行くことにしました。




さぁ、バンホールに到着です。
相変わらず寂れた薄暗い町です。
なんかこっちまで暗くなるから基本的に寄り付きたくないです。
修理したらさっさと帰ります。

アイデルン「修理か?急ぎでなかったらそこにいるエレインに…」

いや、そこのお嬢さん。
村の破壊神と成功率同じですから。
たとえ健康的な色気を振りまいていようと、仕事の質は破壊神と一緒ですよ?
いくら女の子だからって貴重な黒木刀を失敗されたら許しませんよ。

いいから修理のほうお願いしますよ。
成功率98%の実力、見せてください。
さぁ、終わったぞ。

じじい、テメェ!!(°Д°#)

何で失敗するんだよ!?
何のために遠路はるばる来たと思ってるんだよ!?
結局こういうオチかよ!?
…じゃあついでに他の物も修理してくれや。
これで満足か?
満足か?って何様だよ。
何だよ、たかが木刀の1ポイントぐらいでギャーギャー騒ぐなってか?

なんかもう新しい黒木刀見つけても同じことの繰り返しになりそうなんでもう諦めます。
9ポイントでいいです。これでやっていきますよ。
どうせこういう中途半端な木刀がお似合いですよ…

~結論~

他人なんて信用できない

Posted on 19:13 [edit]

category: マビノギ

Page top△

2009

01/27

Tue.

新授業、始めるずらよ~ 

…まぁ、人にもの教えるの全然うまくない俺がこんなコーナー始めるのもおかしい気がするんだけどな。
それでもやるだけやってみようじゃないの。

といことで、雪先生の

ドッキドキ☆初心者だらけのマビノギ教室

はい、じゃあ記念すべき第1回目の授業は…
(すいません、自分でもツッコむ気になれません)

「食」

それはすべての生き物の(もういいか、なんか逆にだれてきそうだ)


はい、食事について説明します。
え~、画面の下にある3つのゲージ。
赤いゲージがライフ、黄色いゲージがスタミナ、青いゲージがマナとなっています。
今回の授業に関係するのはスタミナです。
スタミナはほとんどの行動の際に必要とするものです。
攻撃、スキル、その他もろもろ…
とにかくスタミナがなければ何もできないと言っていいでしょう。

んで、このスタミナゲージ、時間が経っていくと次第に上限値が減少していきます。
そうなったら食事をとってスタミナの回復を図りましょう。
まぁ、手ごろなところでパンですね。安いしそこそこ腹も膨れるし。
スタミナが減ってきたら食事をするよう心がけましょう。

~結論~
腹が減っては戦は出来ぬ

じゃあ、スタミナが減ったら何でも食べればいいのか。
…まぁ、極端に言えばそれでOKです。
しかし、偏った食生活はその人の体型に表れます。
例としては、チーズばかり食べてると太ります。
逆に木の実ばかり食べていると痩せていきます。
まぁ、体型なんか気にしないって人は色々食べ比べてスタミナ回復量の多いものを見つければいいんじゃないでしょうか。
やっぱり体型は気になるって人は肉、野菜などバランスよく食べていかないとダメでしょう。
…まぁ、木の実だけ食べてれば問題ないんですがね。
ちなみに木の実はその辺の木を叩いてれば手に入ります。

~結論~
痩せたきゃ木の実を食え

それじゃ最後。
木の実や肉。それだけでもスタミナ回復という部分では十分です。
しかし、そういった素材単品だけを食べるのではなく、きちんと調理されたものを食べることにより更なる恩恵を得ることができるのです。
料理を食べると一時的にいくつかのステータスが上昇します。
さらに料理の中には一時的にではなく、永続的にステータスを上げるものもあります。
(例・イチゴ牛乳を飲み続けているとint+1)
素材だけ食べていてはこのような恩恵は得られません。
強くなるためには食事にも気を配る必要があります。

~結論~
良いもの食べて育ちなさい

今日の授業はこんなとこだ。
分からないことがあれば各自「マビノギwiki」で調べること。
それじゃ、今日の授業はこれで終了とします。

Posted on 23:28 [edit]

category: マビノギ

Page top△

2009

01/26

Mon.

うはは~ 

黒装備キター!!
←の画像、見てみ見てみ?
これで俺も黒厨の仲間入りですな(笑)
さ~て、服を真っ黒にしたら次は真っ黒な武器・・・

つまり黒木刀でしょ!!

ということでアルビの通常をひたすら周ることに。
そして開始してそれほどしないうちに1本目をゲット。
うは、幸先いいじゃん♪
さっそく祝福かけて修理してこよっと~。
貴重な黒木刀の修理をティルコの破壊神に依頼して失敗されたらシャレになりませんからな。
ここはダンバの実力派お姉さんに頼みに行きますか。



というわけでダンバに到着~。
早速、ネリスお姉さんに修理を頼みに行きましょう。

ネリス「お金は持ってきたでしょうね?」

もちろんです、さっそくお願いします。
成功率95%の実力見せてください。



ネリス「修理が終わったわ」

お疲れ様です!!
さぁ、完全に復活した黒木刀を!!

ネリス「でも1ポイントだけ失敗しちゃったわ☆」

ちょ、お姉さんっ!?

何してくれてんですか!?
人がせっかく遠路はるばる田舎から足を運んできたっていうのに…
こんなことになるならもう少し遠出して鍛冶王のじいちゃんに頼めばよかった…

…9ポイントでも十分やっていけるポイントです。
でも!!
ここで妥協して9ポイントの黒木刀で満足して良いものか!?
それで真の黒厨と言えるのか!?(髪色は白っぽいけど)
真の木刀好きといえるのか!?(最近は村正ばっか使ってるけど)

否!!

ここで妥協するわけにはいかぬ!!
ここで妥協してはその…えーと…何だ…

…何かの名折れだ!!(オイ)

だから俺はやるぞ!!
新たに2本集めて、完全な黒二刀流を完成させてやるずら!!

たとえ経験値が稼げなくても!
たとえ金が稼げなくても!
たとえ熟練度が上がらなくても!
たとえどんなに時間がかかっても!

絶対に2本集めてやるずら!!

(でもあまりに手に入らなかったら露店で買っちゃいます☆)

Posted on 22:29 [edit]

category: マビノギ

Page top△

2009

01/25

Sun.

次は肩ですよ… 

え~…右肩が痛くて上がりません。
手の傷はほとんど塞がったし、割れかけてた小指の爪もなんとか修復(切っただけだけど)済んだってのに今度は右肩が痛くて上がらないときたもんだ。

俺は呪われてるのか?

まぁ、上げれないことはないっちゃないんですけども…
腕の向きによっては痛くて全く上げれない。
明日、病院行って診てもらうか検討中。
むぅ~…ただ、いきなり男の俺が休んでよいものか…
…今日あの人、月曜の俺の作業の用意しちゃったんだろうか?
まぁ、午前中に終わらせてっていうのもアリだけど、午後から休診なんて言われたらシャレにならんし…

…仮に病院行ったとして、次はその辺の人に風邪うつされたとかいうオチはナシだぞ?

Posted on 22:27 [edit]

category: 日常

Page top△

2009

01/25

Sun.

笑いたければ笑えばいいさ… 

店で売っている黄色いマークのついてる本は熟読することによって様々な恩恵を得られることはご存知の通りだと思います。

その中でスキルブックとは違う本(歴史書とか文学書みたいなの)を熟読するとintが上昇するじゃないの。

FBカウンターも覚えたから魔法のほうもある程度の威力を発揮できるようにスキルレベルだけでなくintも上げておかないとだめですよね。

やっぱり今の時代、知的な人でなければダメだと思うんですよね。
いつまでも「素手で熊を倒した」とか「一発で熊を倒した」なんて体力馬鹿やっていてはダメなんです。
今の「格差社会」に必要なのは、それを乗り切る体力ではなく、それすら飲み込んでしまうような日本海溝の如き深い知識なのです。


そんなわけでピルアスさんのとこで本を大量に購入。

よっしゃ、全部熟読して日本海溝になってやるずら!!

まず1冊目。




「int+1」
良いねぇ、良いねぇ。
このまま全部読破して一気にゴリラから日本海溝になってやろうじゃありませんの。
さぁ、次いってみよー!!












「この本は既に読んだ」










…まぁ、よくよく考えたらそうだよな…
それが可能なら知力無限に上げれるもんな…
泣くしかねぇよな…
8冊も同じ本買っちまったよ…




さーて、燃やすか…
さーて、燃やすか…
(なんかドス黒いオーラ的なものが見えなくもないですが気のせいです)




みんな燃えてしまえ…
燃えろ、燃えろー♪






はぁ…8000G無駄にした…
お前も燃えるか?
(注:羊に八つ当たりはやめましょう)

Posted on 16:35 [edit]

category: マビノギ

Page top△

2009

01/25

Sun.

…うん、よく寝た 

えっと…何時間寝た?
…4時間か。

上等だ、やってやろうじゃないの。

除雪車め、その程度で俺に勝ったつもりか?

天上天下唯我独尊超絶不健康人間雪をなめるんじゃねえぞ。
-- 続きを読む --

Posted on 08:08 [edit]

category: 日常

Page top△

2009

01/25

Sun.

いったん休憩 

とりあえず、いったん寝よう。
んで、朝になったらログインなり。
(あれ、もうほとんど朝?)
-- 続きを読む --

Posted on 03:07 [edit]

category: 日常

Page top△

2009

01/22

Thu.

う~む・・・ 

おっかしぃなぁ…
昨日まで何にも無かったはずの手に

何で6か所ほど傷が出来ているんだ?

仕事柄、手傷は好ましくないのに…
…急に指に痛みが走ってふと指を見てみると、血。

う~む…謎だ。
何で急にこれだけの傷が出来るんだよ?

絆創膏貼るのも本当は煩わしいんだけどもさぁ…
出来た場所が場所だけに貼っておかないと痛いんだよね…(主に関節に出来てた)

とりあえず明日の朝にはきれいさっぱり塞がっているなんて妄想を抱きながら今日は寝るとします。

Posted on 23:36 [edit]

category: 日常

Page top△

2009

01/22

Thu.

ということでブログ始動 

はい、というわけで(どういうわけで?)始まりました。
雪が織り成すだらだら不健康ブログ、「揺月~ユラヅキ~」

えぇ、まぁ…「基本的」には無害な奴だと自分では思っておりますので、
勇気を振り絞って接してくれた方には誠心誠意をもってお相手する所存で御座います。

えぇ、眠いです。明日も仕事だってのにだらだらとブログ書いてるダメ人間です。
先に言っておきます。
雪はれっきとした「ダメ人間」です。

でもそれなりに頑張って生きています。
働きたくないけど、働かないと負けだと思っているので頑張ります。
(でも宝くじとか当たったら働かなくなるかも…だが当たることは多分無いと思う)

「格差社会」に負けない強い人間になりたいです。
頑張ります。
-- 続きを読む --

Posted on 00:20 [edit]

category: 日常

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。